ポメラQRコードリーダー
無料アプリ

ポメラQRコードリーダー


公式ストアへ

価格 無料

更新日 2010-11-20

開発者 KING JIM CO., LTD.

バージョン 1.1.2

サイズ 9.3 MB

  • ※上記ダウンロードリンク先は、Apple store です。
  • ※このiPhone版アプリのリンク先がない、また、価格が変更されている場合がございます。これは、アプリ提供会社による登録・変更設定となります。
  • アプリに関する個別のお問い合わせにつきましては、各アプリ提供会社にご連絡下さい。
アプリ名
アプリ説明
キングジム公式のポメラ用QRコード読み取りアプリです。 「ポメラ」DM20で作成したテキストデータをpomera QR code readerを使ってiPhoneのメール本文やメモ帳に簡単に貼り付けたり、Twitterへの投稿、Evernoteへのクリップが簡単にできます。 ====================================== ※ このアプリは、iPhone 4・iPhone 3GS・iPod touch(カメラ搭載)のみに対応しております。ただし、iPod touchには、オートフォーカスの機能がないので、ポメラで作成したQRコードが読み取りづらい場合があります。 ※ iPhone 3G・iPad・iPod touch(カメラ非搭載)には対応しておりません。インストールをしても、アプリが動作しない、またはQRコードを認識しないことがあります。 ====================================== 機能一覧 1.QRコードの読み取り 「ポメラ」DM20に表示されたQRコードにカメラをかざすだけで自動で認識します。認識しない場合は、画面上のQRコードをタップしてフォーカスを合わせてください。 2.連結QRコード読取に対応 「ポメラ」DM20で作成した連続QRコードに最大16個(全角3,200文字)まで対応しています。読み取りに成功するとバイブレーションでお知らせして、連結QRコードの番号が表示されるので「ポメラ」DM20で次の連結QRコードを表示してください。 3.クリップボードへのコピー機能 QRコードで読み取ったテキストデータは、クリップボードにコピーしてメモ帳などの他のアプリにペーストすることができます。 4.メール作成機能 QRコードで読み取ったテキストデータから、ボタンひとつでメールを作成することができます。 5.Twitterへの投稿機能 QRコードで読み取ったテキストデータを、ボタンひとつでTwitterへ投稿することができます。140字を超えた文章の場合は、分割してTwitterに投稿することができます。 6.連続Twitter投稿機能 QRコードにかざすと自動的に読み取ってすぐにTwitterへ投稿ができます。 7.Evernoteへのクリップ機能 QRコードで読み取ったテキストデータを、ボタンひとつでEvernoteへクリップすることができます。 8.履歴一覧機能 読み取ったQRコードはすべて履歴に保存されるので、あとからテキストの確認ができたり、メール本文やメモ帳に簡単に貼り付けることができます。履歴の上限は200件で、上限に達すると、新しくデータが追加されるたびに、保護されていないデータのなかで一番古いものが削除されます。また保護の上限は100件となっています。 9.スキン設定 「ポメラ」DM20のお好みのパネルの色をアプリの背景に使用できます。 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。 「Twitter」は米国Twitter社の登録商標です。 「Evernote」は米国Evernote社の登録商標です。
ポメラQRコードリーダー
レビュー
ポメラQRコードリーダー
いくつかQRコードアプリをDLしてみましたが、他のアプリが読めたり読めなかったりするQRがあったりする中、これが一番安定して読み取りができました。
ポメラQRコードリーダー
とても使いやすい重宝したアプリでしたが、アップデートした為か、急にカメラのシャッターボタンが消え撮影が出来ません。
ポメラQRコードリーダー
読み込みは良好です。しかし読み込みの文字数制限がきつい…… 全部読み込んだと思った後に、途中で切れてる文章みてがっかり。短くまとめればいいんですが、せっかく長文打てるDM100なのにそれでは持ち味生か...
ポメラQRコードリーダー
以下の点が大変気に入ってます ・連続読み取りに自動で対応 ・被写体が多少傾いてたりぼやけてても読み取れる ・読み取り終了後、全文コピーがボタン一発 ・履歴の保存
ポメラQRコードリーダー
ポメラからの読み込みはすばらしいの一言です。 ですが、ポメラ以外で作ったQRコードには反応しませんでした。 他のアプリでは読めるので仕様でしょうか? 使い分けなければならないのが残念です。